2021年、あけましておめでとうございます。

 

明けましておめでとうございます。

コロナ禍の状態で2021年のスタートになりましたが、拳道会広島道場では昨年、経験したことを教訓にしながら活発に活動をしていきたいと思う次第です。

2020年はコロナ禍で始まりコロナ禍で終わってしまいました。

昨年1月稽古始めを威勢よくスタートしましたが、コロナ禍の始まりにより3月から5月まで稽古自粛を強いられることになりました。今まで経験のない未知とのウイルスの出現でこの混乱状態がいつまで続くのか不安な毎日でありましたが、日本全国にある空手道拳道会道場ではYouTubeやZoomを利用してリモート稽古を実施するなどいろいろな策を練りながら道場を運営してきたと思います。

広島支部でもYouTube配信を行い「お家で空手稽古」を企画しました。

いろんな活動が制限され当たり前にできてきたことができなくなり、当たり前だったことがどれだけ幸せな事なのかを気付くことができたと思います。

厳しい中でこそ新しいことを考えて乗り切らなければいけないということを教えられました。

日頃の稽古、交流稽古会や審査会、大会や交流試合など積極的に行うことで子供たちの精神的な成長と空手道の技術向上に必ずつながっていきます。

そういった経験をしっかり積み重ねていくよう指導者として研究していきたいと思っています。

近年、道場生は増加傾向にあると同時に持続年数も伸びていることから全体的なレベルも上がってきました。

昨年はリモート大会で全国大会「型」試合が開催されましたが、広島道場からも10名が参加することができました。一人も入賞はすることができませんでしたが、全国のレベルを実感することができました。

これから目標を立てて道場全体のレベルアップをしていくように私自身指導者として自己の精神鍛錬、技術向上のため努力をしていこうと思います。

2021年は空手道拳道会広島道場の飛躍の年と位置付けてスタートします。

頑張っていきましょう。

2021年の初稽古は「コロナ感染拡大防止集中期間」をしっかり乗り切って

コロナ感染が一日も早く終息することを願います。

今年もよろしくお願いします。

 

 

 

宮島登山!

11月22日 日曜日

毎年恒例の宮島登山を行いました。

今年はコロナ禍と言うこともあり人数を制限して道場生26人の参加でいた。

大元コースから登り大聖院コースから下って焼く3時間ぐらいの登山でしたが、脱落者なしで無事終了しました。

宮島の素晴らしい紅葉や空気をたっぷり楽しむことができました。

やっぱり、山登りはいいですね。

来年はもっと高い山にチャレンジしてみようと思います。

2020年度昇級昇段審査会が開催されました。

2020年度昇段昇級審査会が開催されました。

昇級昇段審査会は前期後期と年2回開催しますが、今年はコロナ禍と言うことで後期1回の審査会となりました。本来は広島市内の4つのクラブが一カ所に集まって行っていましたが、今年に限ってはクラブ別に開催することになりました。

一日も早くコロナ禍から抜け出し安心して稽古に打ち込みたいと心から思います。

審査会を通していつも思うことは道場生たちの成長ぶりを感じることです。

出来なかった事ができるようになっている。泣いていた子が最後までやり遂げている。私としては感動を覚える場面がたくさんあります。本当に子どもたちからパワーをもらっているなと審査会のたびに思います。

今年は一般部道場生が増えて女性道場生6名の方が審査を受けられました。子どもたちと同様で一生懸命稽古に取り組む姿は心に残ります。これからも頑張ってください。私自身師範として指導者として初心を忘れずに指導していきたいと思います。以下写真で審査会の様子を紹介します。

観音クラブ一般部(観音公民館ホール)

 

庚午クラブ1部道場生(庚午集会所)

 

庚午クラブ2部道場生(庚午集会所)

 

青崎クラブ道場生(青崎公民館)

 

一般部試割り

 

一般部試割り

 

昇段審査合格!おめでとう

10人組手

 

若草クラブ1部道場生(若草集会所)

 

 

若草クラブ2部道場生、一般部道場生

 

観音クラブ1部道場生(観音公民館)

 

観音クラブ2部道場生(観音公民館)

第23回全国ジュニア選手権大会(リモート開催)

この度、拳道会本部におきましては今般のコロナ禍に対応し、<空手道拳道会第23回全国ジュニア選手権大会>(型競技)がリモート開催することになり、日本全国の道場予選会が行われました。
通常は東京武道館で行われる大会ですが、リモート型競技大会なのでたくさんの選手がエントリーしています。
競技は二種目<型競技>と<連続移動動作競技>です。
リモートではありますが、全国大会に参加できるという良い経験になると思います。

拳道会広島道場からも10名の選手がエントリーしましたが、残念ながら全員予選落ちになりました。

10月4日から本戦が行われます。
決勝戦の動画は終了後公開されるので、たくさんのことを学んでいきたいと思います。
結果は10月7日に拳道会本部HPで公開される予定です。

※お知らせです。
 観音クラブの稽古場所が10月2日から観音公民館2階ホールになります。
 
 2020年度昇級審査会 10月12日から16日の間で各クラブで行います。

家でも空手稽古してみよう!

今、新型コロナウィルスとの戦いが自粛という形で行われていますが、稽古が

できない期間も家で練習をしてみましょう。

体力が落ちたり動作や型を忘れないように練習しましょう。

 

「帯別の動作と型」

(型はYouTubeで検索してください。例えば拳道型2段と入力して検索してください。)

<級別内容>

白帯(無級)

・不動立ち(四股立ち)~ 突き

・平行立ち~ 突き

・前屈立ち~ 突き

・不動立ち~ 下段受け、上げ受け

・前屈両下段受け~ 前蹴り (その場)

・前屈立ち移動~ 追い突き

 黄帯(10級)

・不動立ち(四股立ち)~ 突き

・平行立ち~ 突き

・前屈立ち~ 突き

・不動立ち~ 下段受け、中段外受け、上げ受け、中段内受け

・前屈両下段受け~ 前蹴り (その場、移動)

・前屈立ち移動~追い突き

・前屈立ち移動~逆突き

・前屈たち移動~連突き

 青帯(9~8級)

・上記+

・直線移動1

・基本型

 紫帯(7~6級)

・上記+

・直線移動1,2

・波線1

・拳道型初段

緑帯(5~4級)

・上記+

・直線移動1,2,3

・波線1,2

・十字型1

・拳道型2段

 茶帯(3~1級)

・上記+

・直線移動1,2,3、4

・波線1,2、3

・十字型1、2

・拳道型3、4、5段

黒帯(初段)

・上記+

・直線移動1,2,3、4

・波線1,2、3

・十字型1、2、3

・金剛型、白頭型

 

今まで習ったことを思い出しながら毎日やってくださいね。

 

新型コロナウィルス感染症対策について

新型コロナウィルス感染症が日本で猛威を振るい始めて約2か月が過ぎたのではないかと思います。新型コロナウィルス感染症対策の為、多くの人が集まるイベントの中止や延期と小中学校・高校の臨時休校が要請されました。
拳道会広島支部では県や市の行政的要請を踏まえ3月末までを活動自粛期間としています。

拳道会広島支部は公立小学校、中学校の新学期が始まり学校再開と同時に稽古も再開する予定です。

新型コロナウィルスの終息状況を見ながら以下の内容を徹底するようにしてください。

・手洗い、うがいを徹底してください。
・体調を崩した場合、発熱(微熱も含め)、せき、鼻水などの風邪の症状が見られる場合には稽古を休んでください。

・道場生、保護者に発熱などの風邪の症状が見られるときは、稽古をお休みにさせて受診もしくは必要な機関へ相談するようにしてください。
・近隣の学校や施設で集団感染などが起き、道場でもその恐れがある場合、稽古をお休みします。

現在の予定では4月6日(月)の週から稽古を再開したいと思っています。

これから開催が予定されている大会や行事が中止されたり延期されたり大変ではありますが、これらを乗り越え前進していきましょう。

最近、新型コロナの情報が飛び交い世界地図を真っ赤に染めていっている今日この頃ですが、回復していっている人もかなりいると思うので自粛もプラスに受け止めて国や民族問わず人類が一丸となって新型コロナを撃退するしかないですよね。

我慢するときは我慢して今できることをしっかりやればいいと思います。

腕立て、腹筋、スクワット、柔軟体操、型の練習など個人練習をやりましょう。

稽古の再開を万全の体調で迎えましょうね。

私自身も自己鍛錬がんばります。

 

(以下写真は今年の初合同稽古の様子です。)

2019年後期審査会

2019年を締めくる行事として12月15日に昇級昇段審査会を開催しました。審査会を重ねるたびに参加者全員の努力がよく見えてきます。そして水準が高くなって行くのがよくわかります。

来年は空手界にとって初のオリンピックイヤーです。

来年も気合い入れて頑張りましょう。

安芸の宮島弥山登山会!

毎年恒例行事になりましたが、拳道会宮島弥山登山を行いました。今年は道場生、保護者含めて50名が参加しました。
当日は素晴らしい秋晴れで、足腰を鍛えると同時に、宮島の美しい紅葉を満喫することができました。
登山を通して、他のクラブの道場生との交流も深めることができたし、普段稽古の中では、なかなか見せない子供達の表情を見ることができ、よかったと思います。
登山は、大元コースから登り、弥山頂上へ、それから紅葉谷に下山するコースで約3時間で、1人も脱落することなく、やりきったことがよかったと思います。
道場生、保護者の皆さん、お疲れ様でした。

第3回空手道拳道会愛媛県ジュニア選手権大会が開催されました。

11月4日(月・祝)

愛媛県武道館(柔道場)にて空手道拳道会愛媛県ジュニア選手権大会が盛大に開催されました。今年で3回目の開催ですが愛媛県を中心に東京、兵庫、愛知、広島から117名の選手が集まり型、組手の試合が行われました。

広島からは18名の選手が参加しました。

試合を見ながらいつも思う事、「強くなったな~」の一言。

日頃、稽古では見せない真剣なまなざしを見るとうれしくなります。大会のレベルも確実に向上している。やりがいを感じる瞬間です。

勝利者はこれに満足することなく上を目指してほしいし、敗者は悔しさをばねにして上を目指してほしいですね。私自身も指導者として自己鍛練に励んでいきたいと思います。

子供たちの姿から沢山の勇気と元気をもらいました、ありがとう!

これからもがんばりましょう!

試合結果(入賞者)

「型」

白・黄帯の部

優勝 大東薪人(庚午)、3位 村井瞭太(若草)

青帯の部

優勝 笹谷郁仁(庚午)、3位 森吉理人(観音)

緑帯の部

2位 川野琉大(観音)、3位 森吉彗人(観音)、3位 相原絢心(観音)

黒帯の部

優勝 千原猛(庚午)、3位 牧野雄飛(観音)

「組手」

小学1年生の部

優勝 千原悠(庚午)

小学2年生の部

3位 川野琉大(観音)

小学3年生の部

優勝 相原絢心(観音)

小学4年生の部

2位 西本ニキータ(若草)、3位 川野昂汰(観音)、3位 森吉彗人(観音)

小学5年生の部

優勝 牧野雄飛(観音)、3位 千原猛(庚午)

女子3,4年生の部

優勝 笹谷理心(庚午)

敢闘賞 相原綺心(観音)

 

 

 

 

 

2019年度第3回稽古会

10月20日 第3回合同稽古会を行いました。

合同稽古会は各クラブでの週1回の稽古とはちょっと違って緊張した雰囲気です。

稽古場所も広くて立派なホールで行うので普段より気合いの入った気持ちになるようです。

一生懸命に稽古する姿を見ているとうれしい気持ちになってしまいます。

今回は11月4日に開催される空手道拳道会愛媛県大会に出場する子供たちの試合稽古と全体的には年末の昇級審査会を見据えた内容となりました。

今から始める子も上級者も基本が一番大事だと言う事を学んでくれたらいいと思います。